南小国MTBエンデューロ2018 大会を振り返って

南小国MTBエンデューロ2018

今年で3回目の開催となった南小国MTBエンデューロ2018。歴代最高難易となった今大会は今までで最も熱い戦いが繰り広げられました。

SS(スペシャルステージ)は今年は2本。本数が少ない代わりに求められるテクニックと体力が大幅に多くなりました。選手の皆様もリエゾン(移動区間)を頑張って登っていただき、それからステージに挑んでいかれる姿が何ともカッコよく、この大会を主催して良かったと思える瞬間でした。

この場を借りてご参加いただきました選手の皆様、運営にご協力いただきましたスタッフの皆様、応援していただきました地元の方々、誠にありがとうございました。

 

同時におわびする必要がございます。MTBビギナーの方々にとってはあまりに競技難易度が高く「マウンテンバイクはこんなに苦しく険しいものなのか⁉︎」と思わせてしまったのではないかと。大変な思いをされた方々、改めてこの場を借りてお詫び申し上げます。

 

今後の展開といたしまして南小国町が主催しておりました今大会を来年度以降は弊社が主催させていただきます。多くの方々にご満足いただき、長く愛されるイベントになるよう尽力する所存でございます。今後とも変わらぬご愛顧いただけますよう宜しくお願いい致します。

 

※写真の肖像権は弊社に既存いたします。個人の鑑賞以外の目的で写真を利用することを原則禁止いたします。